ギョグゼギボビビビ

頭の中で考えて行き先がないものを置いていくブログです

那須高原は車で行ったほうが利便性は高いです

お盆より少し早いですが、夏の旅行で那須高原に行ってきました。

栃木県で旅行に行く、行ってみたいと思っていたのは鬼怒川や日光だったので、那須高原はそこまで行ってみたい場所ではなかったのですが、のんびりできそう、涼しそう、天皇陛下も夏に静養しているの3つの理由で行ってきました。

 

先に感じたことを書いてしまうと、那須に旅行の際は車を運転できる人は車で行くのがおすすめです。

路線バスは1時間に1本だし、近場だから歩いていこうとしても歩道が整備されていない道が大半でした。

私は車を運転する権利はあるけど技術がないタイプの人間なので、今回はバスと少しの徒歩がメインとなりましたが、自動運転が普及すればどんなに快適だっただろうかと考えてしまいました。

 

那須高原もいろんな宿や飲食店がありましたが、山の上り坂の途中の店、ホテルというところが多く、那須湯本温泉という名の場所はあったものの箱根や有馬のような山の温泉街とは異なる雰囲気でした。

歩いて回って温泉まんじゅうを食す楽しみ方はできないと思います。

また、同じ栃木県内の鬼怒川温泉と比較すると歩いての移動は鬼怒川に部がありますが、廃墟の数が圧倒的に那須は少ないと感じました。

基本的には自然豊かで車の運転ができればとても快適な旅行先ではないかと思います。

 

ここからは以前書いた伊豆高原との比較です。

novweather.hatenablog.com

 

伊豆高原と比較するとバスでSuicaが使えるであったり、クレカOKの店が多いので利便性は那須のほうが上でした。

あとは観光地としての盛り上がりですが、これも那須のほうが人が多かった気がします。

伊豆高原でも路線バスに乗りましたが、住民は那須高原のほうが少なく、観光客が多かったです。

 

次にマイナスポイントとして伊豆高原那須高原も多かったところですが、とにかく売りに出されている土地が多いということです。

これに関しては伊豆高原よりも那須高原のほうが多いと思いました。

しかも売却地と看板が掲げられているものの、建物はなく樹木が生い茂った場所でした。

上り坂の真ん中で利便性も良くないと思われるので、ここを買う人なんて現れるのか?と思うような場所です。

こういう土地を今は外国人に買い占められているのでしょうか?

 

後は那須高原は牧場やサファリパーク、遊園地など観光客を楽しませることができる施設が多く揃っています。

そのため温泉も良かったですが、ホテルで楽しむよりは外に出て楽しむことがメインとなるかと思います。

一つ問題が冒頭でも書いた路線バスの少なさです。

一つ一つの施設が離れているので、車でないとなかなか数多く回れないと感じました。

那須に行く人で車を運転できない人はどこに行くか事前に決めておいてホテルに行く前に那須塩原駅から出ているバスで向かったほうが効率が良いと思います。

おっさんがダサくなる法則に気づいたかもしれない

今日ふと最近着た服が5年前に買ったものであることに気づきました。

怖いのは5年前に買った服だというのに最近買ったものという印象があったことです。

おっさんになるとダサくなる人が世の中大半かと思いますが、その理由が今日垣間見えたと思いました。

 

社会人になると平日はスーツを着ている日がほとんどだと思います。

私服を着るのは土日のみです。

そのため私服が傷むのが学生時代と比較して、とても遅くなると思います。

だから買い換えるスピードも当然遅くなります。

ファッションの流行りに敏感な人は傷んでなくても、もう流行りではないという理由で買い換えるかもしれませんが、大半の男は自分で考えだしたお洒落より世の中的に問題ない普通をファッションに求めていると思います。

 

服を買うタイミングで店頭に並ぶ服は流行りを意識していると思います。

買ったタイミングで流行っていた服だとしても3年経てば流石に次の流行りが来ているでしょう。

学生までであれば傷んだり体の成長で入らないという理由で新しい服を買い、そのタイミングでの流行りを身にまとうことになりますが、社会人は身長が伸びることもなく、一度買った服が傷むまで時間がかかるので自分が気づかないうちにどんどん古いファッションになります。

 

この対策として自分で服を所有しないというのが一番手っ取り早いかもしれません。

今は服のサブスクというものもあるようです。

最終的に自分が決めるとはいえ、他人が選定したものの中から選んでくれるので流石にとんでもなくダサい服装にはならないでしょう。

cospabu.com

私自身がまだ使っていないので説得力がありませんが、これを使えば歳をとるごとにダサくなる現象を避けられるかもしれません。

買い物はまず調べることが大事

今日コンタクトを買いに行って改めて気付かされたことがありました。

コンタクトはこれまで眼科の横にあるコンタクトレンズショップでしか買ったことはありませんでした。

今日買いに行った時に値上がりしたと連絡を受け、結構な金額になっていました。

 

そこでふと思いついたのが、ネットで買えばどうなのか?ということです。

そもそも今回コンタクトを買うにあたり、いちいち眼科まで行くのが面倒だなというのがありました。

ネットで買う利便性に慣れているので、そこまで行かないと買えないというのはやはり不便さが強く印象に残ります。

 

さて、コンタクトをネットで買ったらどうなるかということで調べてみました。

するとなんと店舗で売っている価格の半額で売っていました。

今回は残り個数も少なかったので店で買いましたが今後は確実にネットで買います。

当然、眼科検診は受けますが、その後のコンタクトレンズ購入まではすることはないと思います。

 

コンタクトは半額という価格のインパクトが大きかったですが、今日改めて感じたのはなにか買い物をするときは必ず調べるべきということです。

 

最近低温調理器を買いましたが、最も名前が売れているメーカーのものよりも1万円以上安い物を買いました。

当然価格だけでなく、比較レビューで最も評価が高かったのもあります。

逆にその一番名前が売れている、つまりブランド力が高い製品が実際に使ってみたレビューで最上位を取っているサイトはありませんでした。

 

他にも大抵の製品は調べれば、自分にとって最も良い製品を見つけ出すことはできると思います。

そこのひと手間をかけるかどうかで長年かけて全然違ってくるのだと思います。

メタバースとはもう一つの世界だということが本を2冊読んで何となくわかってきました

メタバースについて2冊めの本を読みました。

 

 

先日紹介した世界2.0と合わせて読んだことで自分の中でメタバースがこんなものなのかなというものが見えてきました。

まず、メタバースを一言で言えば「今住んでいる世界とは違う新しい世界」ということになります。

それもただの世界ではありません。

自分にとって居心地の良いもう一つの世界です。

現実とは違う世界と書こうかと思いましたが、メタバースが普及した時にどちらが現実になるかわからないという側面もあるので今住んでいる世界とは違う新しい世界という言い方をしました。

 

現時点でもSNS、特にTwitterInstagramなどは自分の興味のある人や同じ興味の対象を持つ人だけと関わるようになっています。

ただ、そこで共有されるのは情報や画像、動画のみです。

メタバースだとそこに体験が加わるのとメタバースの中で仕事をしてお金を稼ぐということも可能となる未来が来るようです。

また、居心地の良い世界と書きましたが、具体的には見た目や性別、付き合う人もリセットすることができます。

 

今回読んだ本は、今の世界を支配するテックジャイアントであるGAFAMが今後メタバースとどう向き合うかについても語られています。

 

特にMeta(旧Facebook)が社名を変えてまでこの市場を取りに行っており、どこが覇権をとるかは別として間違いなく10年後の標準となると言われています。

 

二冊読んでそれぞれを紹介するなら、メタバースについての説明としてわかりやすいのは今日紹介している『メタバースとは何か』になります。

それを読んだ上で『世界2.0』を読むと来たるべきこのビッグウェーブにどう乗るかを考えるヒントになるのではないかなと感じました。

 

私もここまでインプットを行い、これからも勉強はしますが、自分でなにかできないかを考えて動きたいと思います。

会社を去る人からベンチャー企業の悪い部分を聞いた話

先日、現職を辞めることになった同僚と飲みに行く機会がありました。

当然去りゆく人なので会社の悪口や不満が多かったです。

私はさほど不満はないので話半分と言うかそっちの部署は色々あるんですね程度に聞いていましたが、大企業からベンチャーに移る中でのリスク要因と思える部分があったので記事にしようと思いました。

 

大企業だと組織のトップが嫌な場合でもコンプライアンスなどの規制が強く行き過ぎたことはできないという印象でした。

しかし、ベンチャーだとある組織のトップの権限や影響力が大企業よりも増大でさらに大企業よりも若い年齢で大きな権限を得ることがあり、独善的になるケースがあると感じました。

 

また、これからベンチャーに転職を検討している人はその会社のトップや組織のトップのSNSを見るのは重要だと思います。

そこで自分語りが多い人は実務でも自分語りが多いようです。

うまく使いこなす人もいますが、そこまでできない人のほうが多いように見えます。

 

ただ、ベンチャー企業というかIT系の会社を一度経験するとその先の転職がかなり容易となる話も聞きました。

だいたい30歳をすぎると転職が難しくなると言われており、私も実感した部分でありますが、IT系の業界だとそういうわけでもないようです。

理由は簡単で人が足りないからです。

どこの世界も需要と供給なんだなということを思い知らされました。

 

転職してベンチャーに行くことは良し悪しがあるのは当然で、絶対大丈夫ということはないですが、それでも大企業でこの先の未来に光が見えない場合は動いてみたら良いと思います。

中日がもう一度強くなる方法を考えてみた

落合監督退任以降、長年低迷する中日ですが、谷繁、森、与田監督でどれだけ勝てなくても試合は見たり、結果は追っていました。

そして中日OBで最も監督就任を望まれた立浪監督となったわけですが、交流戦最終盤で飛び出した根尾昂の投手転向報道以降、おそらく一試合も見ていません。

 

立浪監督が無能かどうかというのは一旦置いておいて、落合元監督がなぜ勝てたのかを感じる話が彼自身のチャンネルで流れていました。


www.youtube.com

 

練習量が12球団1多かったというのは有名な話ですが、それ以外にも打てないことを前提とした野球を貫けるという点が彼の強さだと思いました。

他の監督や他の球団でも守りの野球を掲げる指揮官はいました。

でも打てないことを彼ほど割り切る監督は他にいないと思います。

 

そして打てないと言ってもただ打てないだけでなく、落合監督時代の中日は低めのボールを振らないという指示がしっかり浸透するなど組織としての強さがありました。

打率は低くても四球の数が多いというデータもありました。

npb.jp

2010年は阪神、巨人が圧倒的な打力を見せていましたが、四球の数は中日のほうが多いというデータがあります。

 

残念ながら立浪監督では落合監督のようにはなれないと思います。

仮になるとしたら今シーズンのオフに大量に戦力外としてFAなどで補強する血の入れ替え路線でこれは星野監督を彷彿とさせます。

そして現時点の采配や考え方を見る限りはそちらの路線でしか結果は残せないだろうなと思います。

 

中日の復活というところだと私は他所のチームで一度実績のある人を呼んだほうがよいと考えている人間です。

落合退任以降の監督を振り返ると、どんどん勝てない人選になっているような気がします。

高木守道(過去に監督経験ありだが有能ではない)

谷繁元信(選手兼任で当然監督経験無し)

森繁和(コーチ歴は長いが監督経験無し)

与田剛(コーチ歴ありだが監督経験無し)

立浪和義(コーチ歴も監督経験も無し)

 

よく金を使わないフロントが悪いという意見も出てきます。

確かにその要素も多少あると思いますが、今年西武が2年続いた低迷から復活しているのを見るとそれは言い訳だなと思います。

しかも西武は監督が変わっていないのに連覇した2018、2019とは全く違うチームカラーです。

辻監督は監督経験無しで名将だったというケースだと思いますが、ある意味中日はそのガチャを外しまくっているので引き受けてくれるのであれば、過去に実績のある人を連れてきて3年計画でチームを任せても良いと個人的には思います。

 

今の中日で私が希望するのは根尾が満足するプロ野球人生を送って欲しい、それだけです。

 

伝統的な企業とベンチャー企業で仕事への考え方が違う話

日系の古い会社で働いてきて、今もそういった会社と関わりがあるのですが、いわゆる最近ノッているベンチャー企業と伝統的な会社では仕事をどういう気持ちで行うかに差があると感じました。

 

私がいた会社も今関わる人もですが、日本の伝統的な企業は義務感で仕事をすることが多いと感じます。

一方ベンチャー企業に関しては顧客の企業も含めて楽しもう的なメッセージを見ることがあります。

 

この違いがどこから来るのかはわかりませんが、同じ仕事をする時に片方は楽しもう、もう片方はやらなければならない義務感となると雰囲気は当然変わってくると思います。

ただ、仕事をするのに義務感は当然必要だろうし、楽しむと言っても遊ぶのとは異なります。

 

この文化というか社風の違いはこれからベンチャー企業と大企業が一緒に手を組んで何かを行う時代が来た時に考えなければならない部分になると思います。

 

転職する場合、この社風の違いに対応できるかが大切になります。

自分が転職する時にこれまでどういう感覚だったのか、何を求めるのかをしっかり考えたほうが良いと思います。